羽海野チカ作品の名シーン集
3月のライオン

『3月のライオン ダイアリー』の2019年 – 2020年版のレビュー

『3月のライオン ダイアリー』のレビュー

羽海野チカさんがイラストを描く『3月のライオン ダイアリー 2019.3 – 2020.3』を購入しました。

今回は、このダイアリー(スケジュール帳)の簡単なレビューを紹介したいと思います。

まず、羽海野さんの描いたイラストはとても可愛くて、中身もシンプルなので使いやすいデザインになっています。

;”>『3月のライオン ダイアリー』の表紙

;”>『3月のライオン ダイアリー』 2019年7月

;”>『3月のライオン ダイアリー』 2020年3月

前半部分にあるスケジュール帳のページはこんな風に、「ブンちゃん」のイラストが月ごとに描かれています。

スケジュール帳は、『3月のライオン ダイアリー』ということで、2019年3月始まりの2020年3月終わりとなっています(満月の日もわかります)。

そして後半部分は、罫線、方眼紙、無地と、三種類の形式のメモ帳が詰まって一度に美味しいノートに(それぞれ約30ページずつ)。

;”>罫線

;”>無地

;”>方眼紙

購入する方の注意点としては、『3月のライオン』と銘打っていますが、漫画『3月のライオン』のキャラクターは基本(リスポッケ先生以外)登場しません。

これは羽海野チカさん自身もおっしゃっていましたが、『3月のライオン ダイアリー』というよりも、『ブンちゃん ダイアリー』です。

あと、これも触れられていますが、「ダイアリー」と言っても日記帳というよりも「スケジュール帳」で、後半にメモ帳がついている、という体裁になっています。

この「ブンちゃん」というのは羽海野チカさんが一緒に暮らしている猫ちゃんのことです。

 

View this post on Instagram

 

おでこを撫でてもらうのだいすき。

羽海野チカさん(@chicaumino)がシェアした投稿 –

おすすめのカバー

公式情報によれば、このダイアリーにクリアカバーを使用したい場合は、「コンサイスのクリアカバーB6サイズ半透明C-5」がおすすめのようです。

その他にも色々な使用方法がツイッターで紹介されています。

現在Amazonでは予約でいっぱいになり、一時的に売り切れ状態で新品が購入できなくなっているようです。

通常価格は640円で、まもなく購入できるようになると思います(Amazonで見る)。