羽海野チカ作品の名シーン集
ハチミツとクローバー

《名シーン》竹本くんの恋する瞬間 / 『ハチミツとクローバー〈1巻〉』第1話

ハチクロの名シーン・名言集

このブログでは、羽海野チカさんの漫画から、お気に入りの名シーンや名言集を紹介しています。

今回紹介する名シーンは、『ハチミツとクローバー(ハチクロ)』の1巻の第1話から、竹本くんがはぐちゃんに恋に落ちる瞬間です。

竹本くんの眼差し

柔らかな風の吹く春、物語は、東京の浜田山美術大学に通っている登場人物たちが住んでいるアパートから始まります。

アパートは、大学から徒歩10分。

広さは6畳プラス台所3畳で、風呂なし。築25年の木造建築で家賃は3万8千円(家賃は途中で2千円値下げ)。

このアパートには、主人公で浜美の建築学科に通う竹本くんと、先輩の真山さんが住み、天才的で破天荒な森田さん(彫刻学科)も、ときおり居候のように滞在します。

ある日、竹本くんたちが学校に行くと、浜美の美術史担当の花本先生の後ろに、一人の見知らぬ小さな女の子が隠れるように立っていました。

彼女の名前は、花本はぐみ(愛称ははぐちゃん)。

花本先生のいとこの娘で、この春から浜美の学生になるのだと先生は紹介します。

はぐちゃんは、人見知りで、うまく話せませんでした。

すると、竹本くんは意を決したように持っていたコロッケをはぐちゃんに差し出し、声をかけます。

「一緒に食べませんか」

その後、みんなでお茶をしているときも、竹本くんは心を奪われたようにじっとはぐちゃんを見つめていました。

この瞬間の語り部は「真山さん」。

竹本くん自身、「一目惚れ」だと物語の後半で語っているので、自分でも恋心には気づいていたのかもしれません。

でも、このときはもしかしたらまだ自分の気持ちを分かっていなかったのではないでしょうか。

はぐちゃんへの想いがはっきりと形になっていく過程で、「ああ、この子を好きになったのはあのときだ」と確信に変わっていっただと思います。

だから、恋に落ちる瞬間の視点が「真山さん」なのでしょう。

そして、実はこのとき乱入した森田さんもはぐちゃんに恋心を抱くのですが、あまりにも独特な愛情表現のため、誰一人気づくことはありませんでした。

感想

冒頭はドタバタ劇だったものの、きれいに物語の〈始まり〉に落ち着いていきます。

始まり。

竹本くんと森田さんの、はぐちゃんに向けて小さく芽生えた恋心。

森田さんは、まるで小学生の男の子のようにはぐちゃんに意地悪をします。

一方で、竹本くんが、持っていたコロッケをはぐちゃんに差し出し、声をかけるシーンでは、この物語の最後に美しく結実する「四つ葉のクローバー」が舞っています。

とても優しい物語の始まりの瞬間。