当サイトでは、アフィリエイト広告を利用している場合があります。

好きな作品の話

宮崎駿と努力、「頑張るのは当たり前」【名言】

宮崎駿と努力、「頑張るのは当たり前」【名言】

ジブリの宮崎駿監督が、クリエイターとしての「努力」について発言している映像があります。

宮崎駿監督は、動画のなかで、「頑張るのは当たり前」であり、頑張っても駄目な人間がたくさんいるところが「我々の仕事」なのだから、頑張ることを評価するのは間違い、と語っています。

以下、動画のなかで語られている宮崎駿監督の言葉になります。

頑張るのは当たり前、頑張っても駄目な人間が累々といるとこが我々の仕事なんだから。頑張るなんてことを評価するなんてとんでもない間違いですよ。

演出ってのは加害者ですよ、自分のやりたいことを人にやらせてる。

頑張ってなんてそんなもん、頑張んないと話になんないじゃん。それで眠れぬ夜を送るのよ、それも当たり前だよ。

そのときに励ましとか慰めなんて何にも役に立たないことがわかるよ。

全部、自分ですよ。

自分が自分で許せるか。

その時に自分が簡単に許せる人と簡単に許せない人物がいて、それによって色々な運命が別れてくるんですよ。

自分ですぐ自分を許せる人間は、大した仕事をやらない。

出典 : 宮崎駿

この宮崎駿監督の発言の正確な時期はわかりませんが、どうやら息子の宮崎吾朗さんが『ゲド戦記』をつくった頃(2006年)の言葉のようです。

これは、「頑張ればなんとかなる」という精神論とは真逆です。頑張るのは当たり前。クリエイティブの世界で、努力して、才能もあって、それでも消えていった人たちも大勢見てきたのでしょう。

表現者の世界は、「頑張る」だけでどうにかなる世界でもないし、「頑張る」ことを評価に入れる世界でもない。すでに十分頑張っていて、なお届かず、眠れない夜を幾度も越えて作品を生み出そうと苦悶する。

そういうときに、「頑張って」といったような励ましは役に立たない、と宮崎駿監督は言います。

これは、他人に対して「頑張れ」と強要しているわけではなく、少なくともクリエイターの世界はそういうものだと宮崎監督が考え、自分は仕事と向き合っている、ということでしょう。

途中、「演出家は加害者」という発言もあります。この言葉は、偉そうな気分で取り組んでいない、という意味ではないでしょうか。むしろ、罪の意識も抱えているかもしれません。

自分のやりたいことを人にやらせる。その加害者意識があるからこそ、中途半端なことはできない、徹底してこだわる。

そして、最後の部分が一番の肝だと思います。

自分で許せるか。

誰かに許してもらうために、強要されて取り組むのではなく、自分でその表現が許せるか、満足できるか。ここで簡単に自分を許せるような人間は、「大した仕事をやらない」と言います。

努力だったり、頑張りだったり、ということは評価の範疇には入らない。そんなことは「当たり前」で、眠れぬ夜も過ごす。

それも当たり前で、最後は、自分。

相当厳しい言葉でもありますが、ただし、宮崎駿監督が語っているのは、自分との戦い、表現者としての持であり、頑張って心が壊れて、それでも頑張れ、という話ではないのでしょう。

頑張る心身がある程度整った上で、表現者であるなら、自分はこういう心構えでいる、ということを、自分自身を鼓舞するように語っているのではないでしょうか。