羽海野チカ作品の名シーン集
好きな作品の話

『平成狸合戦ぽんぽこ』の舞台「多摩丘陵」

『平成狸合戦ぽんぽこ』の舞台「多摩丘陵」

ジブリ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』は、1994年に公開。高畑勲監督が、脚本も務めた「たぬき」が主人公の物語です。

物語の時代背景は昭和40年代、舞台は多くの狸たちが平和で愉快に暮らしていた多摩丘陵です。

その多摩丘陵に、多摩ニュータウンの建設の手が伸び、破壊が迫っていました。

多摩丘陵は、遠い昔から生き物たちの楽園でした。明るい樹林地、草地、畑・田や水辺といった多様な自然環境に恵まれて、数百種を越える植物たちを基盤として、多くの小動物、鳥類、昆虫類たちが多様で豊かな生態系を形成していました。

しかし、1960年代半ばから始まった開発の嵐によって、20年あまりの間に丘は削られ谷戸は埋められて市街地化し、河川・池沼改修によって水辺はコンクリートで固められ、豊かだった自然環境のおよそ90%以上が消滅していきました。

出典 : 多摩丘陵とは -遠い昔から多様な植物種と生き物たちの楽園でした-

その破壊からわが町を守ろうと、ある日狸たちは結集し、総会を開いて開発阻止を決議します。

狸たちは、伝統的変化術の化学(ばけがく)を復興、四国や佐渡の狸たちにも支援を要請、人間たちとの戦いに備えます。

数年間の狸たちと人間の戦いののち、開発は阻止できず、狸たちは人間たちに化けてサラリーマンとして暮らすことになります。

狸たちのユーモアと哀愁が魅力のアニメ作品です。

この舞台となった地域は、実際に多摩ニュータウンとして今でも存在します。

多摩ニュータウンは日本最大規模の開発地域で、多摩センターや堀内、南大沢、若葉台など、東京都稲城市・多摩市・八王子市・町田市にまたがる一帯です。

ちなみに、『狸合戦ぽんぽこ』作中で狸たちの拠点となる菩提餅山万福寺の舞台は、東京都八王子市にある龍生寺阿弥陀堂です。

画像 : 平成狸合戦ぽんぽこの舞台になった龍生寺阿弥陀堂を訪問

その他、細かな舞台やロケ地巡りについては、「ロケ地紹介:多摩丘陵」がとても詳細に写真も紹介されています。